奪い愛、冬元彼役誰?キャスト稲垣さんでなく大谷亮平さん決定!

 

奪い愛、冬は、テレ朝で2017年1月ドラマです

 

金曜日の深夜枠で結構アダルトチックなドラマが多いです

 

そういえばこの枠だった不機嫌な果実スペシャルは、成宮寛貴さん(栗山千明主演【不機嫌な果実】)が出演予定だけど、(稲垣さんも出ていてベットシーンがすごく淫靡でしたね)出演されませんでしたね

 

山本裕典さんのようですね

 

テレ朝ドラマです

 

ちなみに不機嫌な果実はTSUTAYADISCAS TVで見るとお得です

 


今、世間を騒がしている成宮寛貴さんの不機嫌な果実もいいですね

U-NEXTで配信は終わったけどツタヤレンタルで楽しめます

ツタヤディスカスは、下記の画像を押してもらうと公式サイトにいきます

↓ ↓ ↓

 

 

奪い愛、冬 はauビデオパスとU-NEXTで見れます

 

下記の緑文字か画像をクリックするとauビデオパス公式HPに飛びます
↓ ↓

au公式/ビデオパス? 初回30日間無料

 

下記の緑文字か画像をクリックするとU-NEXT公式HPに飛びます
↓ ↓

U-NEXT

 

 

話を戻して、奪い愛、冬の元カレ役は大谷亮平さんです

%e5%a4%a7%e8%b0%b7%e4%ba%ae%e5%b9%b3

竹野内豊さんではないです(笑)間違えた人多いと思います

%e7%ab%b9%e9%87%8e%e5%86%85%e8%b1%8a

(私もですが・・)

 

1 奪い愛、冬キャスト一覧

 

①池内光(いけうち・ひかる)倉科カナさん

%e5%80%89%e7%a7%91-%e3%82%ab%e3%83%8a

デザイン会社で働くで正義感が強く、先が読めて頭がキレる女性です

 

実家は小さな定食屋さんを営んでいるという設定ですね

 

父親は幼い頃に病死し、母親に女手ひとつで育てられたました

 

同じ会社で付き合っている、同い年だが後輩の男性・奥川康太にプロポーズされます

 

そして、池内 光(倉科 カナ)と婚約することになりますが、仕事場では康太にも厳しく接するが、プライベートでは結婚を目前にウキウキした日々を送ります

 

ところがある日、かつて死ぬほど愛したにもかかわらず、突然姿を消してしまった元彼と再会。自制しようとする気持ちとは裏腹に、今では妻帯者である元彼への愛が再燃し、彼を求め始めていきます

 

②奥川 康太(おくがわ・こうた) ……… 三浦 翔平

 

池内光の婚約者です

 

池内 光(倉科 カナ)と同じデザイン会社に勤務という設定です

 

料理研究家の母親に溺愛されています

 

何か不機嫌な果実の稲垣さんと被りますね(^_^)

 

裕福な家庭で大事に育てられてきたからか、優柔不断の癒し系です

 

その反面、ここぞという時には意志の強さも発揮します

 

現在の会社にも、デザインをやりたい気持ちを抑えられず、母親のコネで就職した会社を辞めて自力で転職したという過去があり池内 光(倉科 カナ)との婚約の意志も、母親の猛反対に遭っても決して揺るぎません

 

だが、池内 光(倉科 カナ)の心は元彼へと吸い寄せられていくことになります光の心が離れるに従い、彼女への愛と嫉妬心が強まり、どんどん“嫌な自分”になっていく…。

%e4%b8%89%e6%b5%a6-%e7%bf%94%e5%b9%b3

③ 森山 信(もりやま・しん) ……… 大谷 亮平(奪い愛、冬元彼)

%e5%a4%a7%e8%b0%b7%e4%ba%ae%e5%b9%b3

奪い愛、冬元カレで池内 光(倉科 カナ)の元彼ですね(^_^)

 

旧姓・尾田です

 

かつては池内 光(倉科 カナ)の上司であり、結婚を意識した恋人でもありました

 

しかし、池内 光(倉科 カナ)は、突然、ある事情から一方的に別れを告げ、池内 光(倉科 カナ)の前から姿を消します

 

この当たりがこの奪い愛、冬のテーマですね

 

現在は、幼馴染の森山蘭と結婚しています

 

池内 光(倉科 カナ)とは別のデザイン会社に勤務です

 

その有能な働きぶりから高い評価を得ています

 

福岡勤務だったが、ある日、3カ月限定で東京勤務になります

 

そこで、どんな運命のいたずらか、池内 光(倉科 カナ)とます

④豊野 秀子(とよの・しゅうこ) ……… 秋元 才加

%e7%a7%8b%e5%85%83-%e6%89%8d%e5%8a%a0

池内 光(倉科 カナ)と奥川康太と同じデザイン会社に勤務していて、明るい性格で、社内でも評判が良く、先輩の池内 光(倉科 カナ)とも仲がいいです

 

だが、それはあくまで表の顔です

 

こ、こわい

 

実は康太のことが好きで、光との仲を壊そうと画策しています

 

④尾上 礼香(おのうえ・れいか) ……… ダレノガレ明美

%e3%83%80%e3%83%ac%e3%83%8e%e3%82%ac%e3%83%ac%e6%98%8e%e7%be%8e

奥川康太の幼なじみです

 

奥川家とは家族ぐるみの付き合いをしています

 

大学時代には康太と付き合っています

 

康太の母・美佐は息子と結婚させたがっているが…!?

 

⑤加藤 清(かとう・きよし) ……… 西銘 駿

%e8%a5%bf%e9%8a%98-%e9%a7%bf

森山信の会社の後輩で信が行くところには、どこにでもついていく右腕的存在で仕事ができる信のことを尊敬しています

 

⑥ 斎藤部長(さいとう) ……… ミスターちん

森山信が働くデザイン会社の部長で、直属の上司。

 

信の妻・蘭のこともよく知っているようで謎めいた存在です

 

⑦池内 麻紀(いけうち・まき) ……… キムラ緑子

%e3%82%ad%e3%83%a0%e3%83%a9%e7%b7%91%e5%ad%90

池内 光(倉科 カナ)の母です

 

下町で小さな定食屋さんを営んでいる。夫を病で亡くした後、女手一つで光を育ててきます

経済的に苦しい状況にある母を助けようと、毎月給料の一部を仕送りしてくれる池内 光(倉科 カナ)に対し、心苦しさを感じています

 

池内 光(倉科 カナ)の幸せを誰よりも強く願っており、奥川康太との結婚にも賛成します

⑧武田 玄(たけだ・げん) ……… 三宅 弘城

%e4%b8%89%e5%ae%85-%e5%bc%98%e5%9f%8e

池内光の会社の部長です

 

かつて部下だった森山(尾田)信に強烈なライバル意識を持っていた。光のことが好きだったが、フラれた過去があります

 

現在は人知れず、部下の豊野秀子と親密な関係にあります

 

⑨ 奥川 美佐(おくがわ・みさ) ……… 榊原 郁恵

%e6%a6%8a%e5%8e%9f-%e9%83%81%e6%81%b5

奥川康太の母です

 

料理研究家です

 

夫は不動産で成功している金持ちです

 

一人息子の康太を溺愛しています

 

康太が自分には何ひとつ報告せぬままと付き合っていた上に、いきなり結婚したいと言い出したことが気に入らず、光に対してさまざまな形で陰湿な嫌がらせをします

 

⑩森山 蘭(もりやま・らん) ……… 水野 美紀

%e6%b0%b4%e9%87%8e-%e7%be%8e%e7%b4%80

森山信の妻です

 

小さい頃からずっと信のことが好きで信が夫となった現在も、彼のことを激しく愛しており、東京勤務にも同伴するほどです

 

これがテレ朝のこの枠の面白さですよね

 

ずばり不倫!

 

そんななか、信と光が再び接触しだしたことに勘づき、猛烈に嫉妬の炎を燃やしていくことにんさります

 

でも過去に、ある事件に巻き込まれて以来、右足が動かないです

 

 

奪い愛、冬の第1話あらすじネタバレ

 

デザイン会社で働く池内光(倉科カナ)はある日、アシスタントで恋人の奥川康太(三浦翔平)からプロポーズされます

 

ちょっと頼りないけれど、とても優しく、なんといっても池内 光(倉科 カナ)を全身で愛してくれるのが奥川です

 

奥川の大きな愛に包まれ、池内 光(倉科 カナ)は幸せいっぱいです

 

しかし、これでは面白くないです(笑)

 

この金曜枠は、池内 光(倉科 カナ)の不倫(結婚前ですね(^_^))です!

 

そんななか、池内 光(倉科 カナ)は会社を代表し、建設会社のロゴデザイン・コンペに参戦することになります

 

意気込むあまり緊張する池内 光(倉科 カナ)を励まそうと、オリエンテーション会場に向かうエレベーターの中でキスをする康太です

 

だがその瞬間、ふいに開いた扉の向こうに視線を移した池内 光(倉科 カナ)は、ある一点から目が離せなくなってしまう。そこにいたのはライバル会社のデザイナー・森山信(大谷亮平)――旧姓・尾田。彼こそは、かつて光が死ぬほど愛した男、で池内 光(倉科 カナ)の元カレです

 

 

池内 光(倉科 カナ)は康太を愛しているのに!

 

池内 光(倉科 カナ)のとっくに記憶の彼方へ飛んでいったはずなのに…。

 

 

せきを切ったように、止めどなくあふれ出す信との思い出です

 

だが、そんな事実を池内 光(倉科 カナ)は、康太に告げられるわけもないです

 

池内 光(倉科 カナ)は・・・・・心乱されます

 

しかも、その日を境に、幸せで輝いていた池内 光(倉科 カナ)の人生に、どんよりと影が差し始めます

 

一人息子の康太を溺愛する美佐(榊原郁恵)は、光のことが気に入らず、身辺を調査。一方、信の妻・蘭(水野美紀)は、最愛の夫に変な虫がつかないよう、鋭く目を光らせます

 

 

奪い愛、冬 キャストのコメント!

【倉科カナ コメント】

鈴木おさむさんの脚本がとにかく面白いんです。とても刺激的で、ちょっとドロドロしていて、スピード感があって…次の展開がどうなるか予測不可能! 視聴者の皆さんにもきっと楽しんでいただけると思います。実を言うと、私はラブストーリーの経験が少ないので、気恥ずかしさも感じているんです(笑)。そこを乗り越えて、「この人も好きだし、でもあの人も…」という“心の機微”を表現することが一番の挑戦になると思います。ラブシーンもありますけど、そこだけに力を入れるわけではなく(笑)、鈴木おさむさんの世界観を壊さないように演じていきたいです。

三浦さんとは初共演ですが、爽やかな方という印象があります。三浦さんはこの間もラブストーリーをやってらっしゃいましたし、どんなアプローチでお芝居をされるのか楽しみです。「お芝居を通してどんな化学反応が生まれるんだろう!?」と、今からすごく期待しています。

私にとって、このドラマはテレビ朝日さんでは初主演作。素直にありがたい気持ちでいっぱいです。撮影に入る前に自分の中の毒素をできるだけデトックスして(笑)、ベストな状態で光ちゃんという役に熱量を注ぎながら、お芝居に取り組めたらいいな、と思っています。

【三浦翔平 コメント】

まだ自分の役柄をちゃんと把握してない中で、プロットを読んだだけでも「面白そうだな」と思いました。『奪い愛、冬』というタイトルがまず衝撃的! 「これは夏もあるのかな? なぜ冬なんだろう!? 放送が冬だからなのか、それとも別の意味があるのか…」と、いろいろ想像が膨らみました(笑)。今回は“奪い愛”という言葉からも分かるように、激しい内容になりそうです。僕の役もどんどん狂気じみていくし、とにかく登場人物がみんなヤバイ。でも、ただ全員がヤバイだけじゃなく、その中に「愛というものは何なんだろう」という軸がしっかり描かれているので、すごく楽しみです。

今回は自分を思いっきり開放し、今までの僕のイメージを変える役になりそうです。というのも、ここまで嫉妬にまみれる役は初めて。撮影では放送できないレベルくらいまで、とにかく行けるところまで演じてみて、どんな自分が見せられるか楽しみです。

倉科さんとはテレビ局ですれ違ったくらいの接点しかありませんけど、ほんわかした印象があります。現場では楽しくコミュニケーションを取り、いろんな意味でヤバイ作品を一緒に作っていきたいです。

【鈴木おさむ(脚本) コメント】

見てくれる皆さんの予想をいい意味で裏切り続ける、ハイスピード展開の愛を奪い合う激しい恋愛ドラマになると思います。奪い合う愛に正義なんかないかもしれませんが、その先に真実の愛が見えてくる…はずです。

【川島誠史(プロデューサー) コメント】

金曜よるの「ドロキュン劇場」がいよいよ幕を開けます! 鈴木おさむさんが紡ぎだす、これまでにないジャンルともいうべき新しい形のこの恋愛ドラマ。男女が激しすぎるほどの情念をぶつけ合うドロドロでスピード感溢れる愛憎劇の世界に、この冬、あなたをいざないます。主演は倉科カナさん、そしてその相手役が三浦翔平さん。今もっとも旬なお二人が、激しい愛をさらに加速させ、さらに鮮烈に体現してくれることでしょう。冬の雪を解かすほどに熱く激しい“愛の奪い合い=奪い愛”をぜひお楽しみください!

 

テレ朝公式引用

au公式/ビデオパス‎ 初回30日間無料