プラスマイナスゼロ湿温度計

  • January 27, 2009 23:05
  • Posted by uemura

「キャズムを超えろ!」の岩佐さんと、プラスマイナスゼロ社主催で行われた「 プラスマイナスゼロ加湿器 Ver.3」のブログマーケティングで優秀賞をいただいたのですが、今日、賞品の湿温度計が届きました。

主催者のみなさま、ありがとうございます。

青山にある直営店の ±0 - ±0 AOYAMA から送っていただいたもののようで、 包装のセンスも良い。何か贈り物をするときは直営店で買うのもいいかもしれません。

http://static.flickr.com/3430/3230843933_dac3eec0dc.jpg

  

GTDファイリング編

  • January 26, 2009 23:04
  • Posted by uemura

GTD続き

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
デビッド・アレン
二見書房
売り上げランキング: 29

GTDを実践するには、「信頼できるツール」を自分の手で作り上げる必要があるようです。

パソコンでのツールは前回紹介して、量が多くなってもサバききれるかテストをしてる状態ですが、

ueBLOG | GTDを試し中

それ以外の書類などの物理的なモノが公私にわたって多いので物理的なモノを整理について。

  

我が家にとって加湿器とは

  • January 25, 2009 23:06
  • Posted by uemura

ブログマーケティングに参加していた±0の加湿器ですが、

この度、優秀賞をいただけることになりました!!

±0の湿温度計を頂けるということなので、

届いたら、すでにある無印の湿温度計と比較レビューをさせていただきます!!

では、±0の加湿器のとりあえずラストエントリーとして、

奥さんと加湿器について語ったので、それをUPしたいと思います。

  

GTDを試し中

  • January 23, 2009 23:42
  • Posted by uemura

百式の田口さんが監訳した「GTD本」を読んで1ヶ月。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
デビッド・アレン
二見書房
売り上げランキング: 33

いろいろ試行錯誤しているのですが、とりあえず今現在の方法を記録しておこうかと思います。

本来なら頭の中の気になることをすべてリストアップしてからやるべきだと思うのですが、

「小技から入る」 のも有効ということだったので、

管理ツールを作ることから始めました。

GTDというのは手法ではあるのですけど、基本的に考え方なので具体的なツールを提示しているわけではありません。

  

オバマ大統領雑感

  • January 21, 2009 23:00
  • Posted by uemura

アメリカ合衆国に黒人初の大統領としてオバマ氏が就任した。

ついに44代目にして有色人種の大統領が登場したのですが「ここまで時間がかかった」とも思ったし、自分が生きている間に有色人種のアメリカ大統領が誕生するとは思わなかったとも思いました。

「沈黙の艦隊」や「ジパング」の「かわぐちかいじ」氏の「イーグル」という日系人が大統領になる漫画を見たときは「面白いと現実には(他の彼の漫画同様)ありえない話だな」と思っていたのですが、、、、

母親は白人のアメリカ人としても父親がケニア生まれというのも凄い。日本とアメリカのどちらが優れているという話ではないですが、日本では、まずない話でしょう。

いろいろ思うところはありますし、日米関係を考えると厳しい部分も多いでしょうが、オバマ氏の演説は勝利宣言に続き良かった。

「困難な時代だからこそ団結して責任を果たそう

将来に希望を持とう

  

DreamHostまた止まる

  • January 20, 2009 23:28
  • Posted by uemura

11月に続き、このブログを設置しているDreamHostが十数時間に及ぶダウン。

しかも、大事なフォローアップを連載している途中に!!

ご覧のみなさま、申し訳ありませんでした。

本日は  ueBLOG | Djangoの基本チュートリアル  に少し追加しました。明日には完成するといいなー。

  

Djangoの基本チュートリアル

  • January 19, 2009 23:11
  • Posted by uemura

今回は、Djangoをインストールしたばかりの人を想定した、簡単なDjangoの説明をしたいと思います。

今回はWindowsで行います。

コマンドプロンプトを立ち上げて、プロジェクトを作りたいディレクトリに移動します。

今回は、C:/tmp/django_firstというディレクトリで行いますが、好きなディレクトリで行ってください。

まず「firstproject」というプロジェクトを django-admin.py startproject firstproject で作ります。

django-admin.pyはdjangoのインストール先のdjango/binにあります。windowsの場合は以下の場所にあると思います。

  

PinaxでDjango入門2 basic_projectのprofilesを変更 djangoの名前空間

  • January 18, 2009 23:01
  • Posted by uemura

== Django勉強会ハンズオンフォローアップ2 ===

ハンズオンの課題その1

pinaxのbasic_projectのprofileをcomplete_projectのprofileに変更する

をやってみたいと思います。

以下動画、

http://www.ueblog.org/media/static/django6_1/d21.swf

http://www.ueblog.org/media/static/django6_1/d22.swf

http://www.ueblog.org/media/static/django6_1/d23.swf

今回はYouTubeにもアップしてみました。

  

PinaxでDjango入門1 complete_projectとbasic_projectを動かす

  • January 17, 2009 00:02
  • Posted by uemura

先日のDjango勉強会Disc.6のフォローアップ第1回です。

  • Python2.5
  • django1.0
  • PIL
  • pinax (svnのtrunk)

で行っています。

まずpinaxのインストールは

% svn checkout https://svn.pinaxproject.com/pinax/trunk/ pinax

でsubversionを使ってインストールしてください。

  

Python Image Libraryのインストール

  • January 15, 2009 23:19
  • Posted by uemura

Django勉強会Disc.6初心者向けのハンズオン講師をやったのですが、大失態をしてしまいました。

pinaxというdjangoを勉強するに良い教材を使おうと思ったですが、

画像を扱うライブラリのPIL(Python Image Library)が必須なのですが、参加者のパソコンにインストールされていないので実行できないという自体に、、、。

自分の環境ではPythonのインストールとPILは同時に入れてしまうのでWindows,Mac,ubuntuで実験したのですが再現しませんでした。すみません。

pinaxは必要なライブラリを動的にパスを通してくれるので今回、教材に選んだのですがpurepythonのライブラリだけでした。

ハンズオンに来る前にあまり環境の要求するのも大変かと思ったのですが、変なところに気を使わずに環境の要求をするべきでした。

参加されたみなさま申し訳ありませんでした。

今日から何日かに渡ってハンズオンで行う予定だったもの、それにまつわるフォローエントリーを書こうと思います。

  

Pythonのライブラリを動的に追加する

  • January 14, 2009 08:44
  • Posted by uemura

ちょっと site.addsitedirについて分らないことがあったのでメモ。

  • Python起動時にsiteモジュールは自動的にインポートされる。(-S をつけるとインポートしない)
  • site-packages自体とその直下の.pthファイルに書いてあるモジュールをsys.pathに追加する。

を行っています。

後から、「/hoge/my-lib/複数のモジュール」にPATHを通す必要があるとき

sys.path.insert(0, '/hoge/my-lib')

  

GameCubeはマネジメントの時代

  • January 13, 2009 23:58
  • Posted by uemura

前回の続きです。

ueBLOG | Nintendo64が成功しなかったのは運がなかったからだと思う

Nintedo64は「マリオ64」「ゼルダ 時のオカリナ」という

宮本茂の最高傑作を擁しながらハード戦争に勝てなかったという話をしました。

そのため、それまで任天堂ハードにゲームを作ってくれた開発会社がほとんどいなくなり任天堂陣営だけで年に20タイトル以上発売しなくてはいけなくなりました。

64後期~GameCubeの時代は、数多くのタイトルを発売するために、現社長の岩田さんと宮本さんがプレイングマネージャーから、より多くのソフトを作るために高い位置でマネジメントをするリーダーになる必要のあった時代なのです。

この時代に起きる「迷走」や「低迷」の原因は、彼らの変革期だからという理由で説明できます。

  

Nintendo64が成功しなかったのは運がなかったからだと思う

  • January 12, 2009 23:28
  • Posted by uemura

僕がNintendo64を「運がなかったハード」と見ている。

では、どんな運がなかったのだろうか?

「3Dゲームは世間に届かなかった」

そこに運がなかった。

今でこそ3Dは一部のコアゲーマーだけが遊ぶものだとはっきり言えるけど、

バーチャルリアリティと言ってNintendo64とマリオ64を作っていた竹田玄洋さんと宮本さんが

「3Dは世間を巻き込む」

と夢見たことを笑うことはできないだろう。

  

アルファブロガー・アワード2008に投票しました

  • January 11, 2009 23:26
  • Posted by uemura

今年のアルファブロガー・アワードはブログ記事が対象とのことです。

アルファブロガー・アワード2008:ブログ記事大賞

今年も投票してみました。

ゲーム部門

ゲームブログはレベルが高いものが多いですが、今年登場したブログではこのブログが一番でした。

  

「うごメモはてな」はなぜ「協業」だったのか?

  • January 10, 2009 11:00
  • Posted by uemura

任天堂とはてなの協業は金銭のやりとりが発生していないと明記されています。

それにはいろいろな理由が存在すると思いますが、思いつくものを羅列していきたいと思います。

任天堂が著作権問題を回避するために「はてな」を利用

任天堂は日本有数の企業になってしまったので、

著作権問題などを真正面から取り組まなければいけない状態にある。

「大合奏!バンドブラザーズDX」ではJASRACと提携して、

かなりのコストをかけて著作権問題をクリアしている。

  

N10JcにESET NOD32アンチウィルス

  • January 09, 2009 08:28
  • Posted by uemura

N10Jcを使うようになって1ヶ月弱。

はじめてのプライベートWindows機、使ったことのないメーカーということもあって、

不安もありましたがスムーズにMacBookから移行できたと思います。

最初はWindowsXPをつぶして全部Ubuntuにしようかと思ったのですが、

  • VMWarePlayer
  • USB起動

のUbuntuがあればいいという結論になったので、今後もWindowsXPを残すことにしました。

さて、Windowsをちゃんと使うとなると必須なのがアンチウィルスソフト!

Mac時代は結局アンチウィルスソフト無しで過ごしてしまったのですが(Mac使いの人って入れてる人いるのかな?)

  

デヴィッド・バーン & ブライアン・イーノ

  • January 08, 2009 23:07
  • Posted by uemura

元トーキングヘッズのデヴィッド・バーンとブライアン・イーノのアルバムが発売されていたそうです。

しかもインターネットを利用したダイレクト販売です。スタートは8月だったそうですが全然知らなかった!

Web2.0から始まったネットの変化が実体経済を巻き込み始めた2008年 | 専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】

大型アーティストのインターネット直売はRadioHeadsが有名ですし、今後はますますこの傾向は強くなると思います。

そのようなインターネットビジネスについてはいろいろ考えさせられるところですが、

今回は楽曲そのものがとてもよかったことを伝えたい。

トーキングヘッズやロック&ポップのプロデューサーとしてのブライアン・イーノが好きだった人は必聴!

  

ASUS Eee Keyboard

  • January 07, 2009 23:07
  • Posted by uemura

最近買ったN10Jcは非常に満足しているのですが、

そのN10Jcを作ったASUSがなにやら面白いものを発表したようです。

右横に5インチのマルチタップディスプレイがついているキーボードで重さは900グラムとのこと。

iPhoneにBluetoothのキーボードがあればいいのに、、、とは良く聞く話ですが、

これはキーボードにiPhoneが付いてしまった感じ。(電話の機能はないのでiPod Touchか)

  

プロレス団体はYouTubeを活用すべき

  • January 06, 2009 23:00
  • Posted by uemura

角川グループがYouTubeの広告収入で1000万円を突破したとのことです。一年目の結果としては上々ではないでしょうか?

アニメ産業とビジネスの情報

角川グループがYouTubeにアップロードされた自社グループ コンテンツから得た広告収入が、 昨年末に月間1000万円の大台を超えていることが明らかになった。 角川グループホールディングスは2008年1月にグーグルと提携を行い、 動画共有サービスのYouTube上で協業することを明らかにした。 その後、自社がアップロードするコンテンツだけでなく、 ユーザーが自社のコンテンツを利用してアップロードした動画も積極的にビジネスに活用することを決めた。

  

カエサルの魔剣を読んだ

  • January 05, 2009 08:19
  • Posted by uemura

「カエサルの魔剣」という本を読みました。

酷いタイトルです。

もともとのタイトルは「The last legion(最後の軍団)」というタイトルで、

最後の西ローマ皇帝ロムルスを守る最後のローマ軍団(と、言っても数人)の活躍を描いた歴史ファンタジー小説。

以下、激しくネタバレ。

カエサルの魔剣 (文春文庫)
ヴァレリオ マンフレディ
文藝春秋
売り上げランキング: 482190

皇帝ロムルスは西ローマ帝国を滅ぼしたオドアケルに助命してもらったことくらいしか知られていないのですが、

  

Flickrも4年目

  • January 04, 2009 08:10
  • Posted by uemura

さて、2年に1度のFlickr Proアカウントの更新。

今回も2年で更新しました。

January 4, 2009        You bought yourself a 2 years Pro Account       $47.99
December 27, 2006      You bought yourself a 2 years Pro Account       $47.99
January 3, 2006        You bought yourself a 1 year Pro Account        $24.95

Flickrの説明はいまさらのような気もしますが、

重要なのは以下の3点です。

  • 契約期間中は無制限で写真をUPLOADできる
  • 契約期間を過ぎても1度UPLOADした写真は消えない

  

2009年にやろうかと思っていること

  • January 03, 2009 08:00
  • Posted by uemura

2009年はいろいろなことに挑戦していきたい。

いま漠然と思っていることを記録しておこうかと思います。

開発する

BLOGシステム更新

このブログは露木さんのdjblogkitをちょこちょこ弄りる予定で使っていたのですが、

何もしてないし、Djangoのバージョンも古いので新しくしたい。

Djangoを使うことは変えないのでWordPressは使わない予定。

  

カフェオレ・ライターのRSSを登録

  • January 02, 2009 00:26
  • Posted by uemura

僕は「 カフェオレ・ライター ~誰も書かなかった映画レビュー~ 」というサイトが好きなのですが(有名ですよね)、

RSSが無いと思っていたのでRSS Readerで更新の確認ができないために、ついつい見逃してしまうことも多かったです。

ところが、いつの間にか昔ながらのフレームサイトだったのが、フレームレスになっていたり、

左上に

http://static.flickr.com/3238/3155624917_629d4cc054.jpg

みたいなのが出てくるので

  

新年の挨拶

  • January 01, 2009 17:16
  • Posted by uemura

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨年は社会情勢とは違って僕にとっては良い一年になりました。

特に、blogを書いていることで知り合うことができた多くの人に結婚を祝っていただいたこと、

カイ士伝 さんに司会と幹事をしてもらった結婚披露パーティーに参加していただけたことは

とても大切な思い出になりました。

みなさま本当にありがとうございました。

2009年は娘が誕生予定ですので家族を大切にすると同時に