「オープンソース的」という言葉は変えたほうがいいと思う

  • June 20, 2009 09:00
  • Posted by uemura

インターネットを介してオープンソース及びその周辺が起こした現象に注目し、その現象を「オープンソース的」という言葉で表現し、プログラムの世界以外でも起こるのではないか?(起きている?)ということに注目する梅田さんに対し、オープンソースの世界に生き、オープンソースをより発展させたいと思う人々は梅田さんの語る「オープンソース的」という言葉でオープンソースが誤解されてしまうのではないかと疑念を持っている感じだろうか?または梅田さんのような有名人が「オープンソース」について一般の人に説明してくれると期待していたら、別なことを言われてたのでがっかりという感じかもしれない。

それぞれ言い分はわかるし、どちらが間違っているという話ではない。

「オープンソース的」という言葉に対して、「オープンソースが誤解される」という意見はわかるが、オープンソースとは別物の「オープンソース的」という言葉に対して、「それはオープンソースではない」という意見は「それは違うだろう」と思う。しかし、多くの人が誤解していることには問題がある。

また、オープンソース及びその周辺の起こした現象をオープンソースやインターネットに詳しくない「あちら側」だったか「こちら側」だったかに説明しようとしたとき「オープンソース的」という言葉になるのは個人的には違和感がないが、決して少なくないオープンソースの世界の人々が「オープンソース的」という言葉に嫌悪感を持っていることも問題がある。

梅田さんはオープンソース及びオープンソース的世界の重要な法則「名前重要」に則り、「オープンソース的」とは違う言葉を生み出すべきだと思う。

僕自身はオープンソースの恩恵だけ受けていて何の貢献もしていない人間ではあるけど、オープンソースの世界そのものへ感謝はしているし、興味もある。

しかし、それとは別にオープンソース及びその周辺がおこした現象「オープンソース的(仮称)」や、その現象がプログラム以外でも起きるのか?既に起きているのか?に関しても興味があるので梅田さんには懲りずに「オープンソース的(仮称)」の紹介や予想などをどんどんして欲しいと思う。

本当にプログラム以外の「オープンソース的(仮称)」現象は世界中で発生しているのだろうか??どんな例があるのだろうか??とても興味深い。

  

追悼 三沢光晴選手

  • June 14, 2009 22:25
  • Posted by uemura

まず、今回のような事件はあってはならないことだし美化してはいけないことだと思う。

僕はいろいろなスポーツを見るので好きな選手・アスリートは数多くいるが、プロレスラー三沢光晴選手のことは好きというより尊敬していた。

だから、これから書く三沢さんへの気持ちは死後も変わらない尊敬の気持ちなのだし、ひょっとしたら今回の殉死ともいえる試合中の死を美化しているように思われるかもしれないが、そこは違うと最初に言っておく。

今年に入ってからの三沢さんと三沢さんが率いるプロレスリング・ノアがおかれた状況を考えれば体調が悪いことを理由に休める状態でなかったし、何よりも三沢さん自体が休みを受け入れたと思わない。しかし、こうなる前に休ませることはやはり必要だったと思う。それがどんなに困難なことであっても。

今思うことは、性格的に無理をしてしまう小橋選手の身体と体調を何よりもケアしてほしい。彼は死を覚悟してリングに立ち続けるだろう。というか、小橋選手に限らず一流のプロレスラーは今回の事件が起こる前からずっと死を覚悟していたのだ。

昔、女子プロレスラーが試合中に頭部を強打して亡くなったとき、インタビューを受けた三沢さんは「死のことはいつも考えている」と言ってた。ここで三沢さんの性格を一つ言っておこうと思う。大口を叩いたり、法螺を吹くのが職業として必要とされている場合が多いプロレスラーという職業なのだけど、三沢さんは生涯それを嫌い大口や嘘は絶対に言わない人だった。三沢さんが「死を覚悟している」と言えば、それは文字通り「死を覚悟している」ということなのだ。

三沢さんが全盛期だった全日本プロレス4天王時代というのは確かに「こんな試合を続けていれば、いつか死んじゃったりするんじゃないか?」と、思うような試合の連続だった。死なないまでにしても、この人は引退後にまともな生活を送れるのだろうか?と何度も思った。

その時代は「垂直落下」と言われる頭から垂直にマットに叩きつける技が流行し始めた時代だった。最初にマットにぶつかるのが頭なので従来のなるべく頭をマットにつけない受身は取れない。プロレスの受身は奥が深いしプロレスラーしかやらないことなので具体的なことは分からないが、なるべく回転して衝撃を逃がすような受身が必要らしい。

  

今日の雑記2009/06/06

  • June 06, 2009 23:34
  • Posted by uemura

あまりお笑い番組は見ないのだけど、偶然みかけた「マイコーりょう」は最高に面白かった。

ブログが無駄に英語なのと

http://ameblo.jp/mycoolgood/

プロフィールの

  • 「ここだけの話: ニセモノデス」
  • 「Sですか?Mですか? : M・J 」

にも笑った。

  

E3雑感

  • June 04, 2009 08:00
  • Posted by uemura

今年も信者としての感想を、、、去年書いたか忘れたけども、、

PSP Go

PSP新型の噂は聞いていたけど、ここまで死亡確実なハードを出してくるとは思わなかった。

新ハードの立ち上げに一世代前のソフトがそのまま遊べることは必須条件と証明したのはPS2だったと思うのですが現行機のソフトすら遊べないのですか??

意気込みは感じるけど単なる自殺行為と断言できるレベル。

ただゲームビジネスはソフトありきなので、GBにおけるポケモンレベルのゲームが出たらOK。

PS3