僕がBRUTUSのYouTube特集にオススメをあげるなら佐藤雅彦CM集にしたと思う

  • 12月 03, 2008 11:22

前々回に ueBLOG | 雑誌「BRUTUS」2008/12/15号のYouTube特集がなかなかよかった というエントリーを書いたのですが、今回は

「もし僕にBRUTUSから原稿の依頼が来たとしたら何をオススメしていたか」

というのをやってみたいと思います。

やはり、なんといってもオススメは「佐藤雅彦CM特集」。

僕は「佐藤雅彦全仕事」という本を昔から愛読しているのですが

佐藤雅彦全仕事 (広告批評の別冊 (8))
佐藤 雅彦
マドラ出版
売り上げランキング: 38430

この本を買った当時はYouTubeも動画配信サイトもなくて

CMの記憶を辿りながら本を読み

「佐藤雅彦CMを集めたビデオが出たらな、、でも、権利関係で難しいんだろうな」

とあきらめていました、、、、。いい時代になったものだ(権利関係はアレなんでしょうが、、、)。

ちなみに佐藤雅彦さんを簡単に説明すると

広告代理店の営業からクリエイター部に転籍して、コイケヤスコーン、バザールでゴザール、モルツ、ジャンジャカジャーン、ピコーなどの大ヒットCMを連発し、

CMをやめたと思ったらPSでゲームを作って口コミ大ヒットさせ「IO」

NHKのみんなの歌を手がけたら国民的ヒットになり「だんご三兄弟」

経済の対談本を書いたら対談相手が大臣になり「竹中平蔵」

教育番組を手がけたら世界的な話題になり「ピタゴラスイッチ」

きっと本人はそんな成功を望んでないのだろうけど、なぜかやることが世の中とマッチしちゃう確立が高い人

です。

YouTube - コイケヤ「のり塩」

佐藤雅彦さんのCM初仕事です。

YouTube - コイケヤ「ジャガッツ」1

四階構想のCM。初期のCMではこれが一番好きかもしれない。

YouTube - NEC「バザールでござーる」1

濁音時代の代表作。濁音が音として強いと感じていたそうです。

YouTube - JR東日本 房総ビューエクスプレス

佐藤雅彦さんは「新しいルールでCMを作る」と考えていたそうですが、

後期は「トーン」というルールでCMを作っていたようです。

他には「カローラII」「モルツ」が有名ですね。

YouTube - トヨタ「カローラII」

ちなみに佐藤雅彦全仕事は、本屋さんからすると返品できない本なので、おいている店があまりないと思うので

見つけたら買っちゃうといいと思います。

とても面白いので。

その「トーン」時代の代表作。今でも普通に歌えてしまうのが驚き。