「オープンソース的」という言葉は変えたほうがいいと思う

  • June 20, 2009 09:00

インターネットを介してオープンソース及びその周辺が起こした現象に注目し、その現象を「オープンソース的」という言葉で表現し、プログラムの世界以外でも起こるのではないか?(起きている?)ということに注目する梅田さんに対し、オープンソースの世界に生き、オープンソースをより発展させたいと思う人々は梅田さんの語る「オープンソース的」という言葉でオープンソースが誤解されてしまうのではないかと疑念を持っている感じだろうか?または梅田さんのような有名人が「オープンソース」について一般の人に説明してくれると期待していたら、別なことを言われてたのでがっかりという感じかもしれない。

それぞれ言い分はわかるし、どちらが間違っているという話ではない。

「オープンソース的」という言葉に対して、「オープンソースが誤解される」という意見はわかるが、オープンソースとは別物の「オープンソース的」という言葉に対して、「それはオープンソースではない」という意見は「それは違うだろう」と思う。しかし、多くの人が誤解していることには問題がある。

また、オープンソース及びその周辺の起こした現象をオープンソースやインターネットに詳しくない「あちら側」だったか「こちら側」だったかに説明しようとしたとき「オープンソース的」という言葉になるのは個人的には違和感がないが、決して少なくないオープンソースの世界の人々が「オープンソース的」という言葉に嫌悪感を持っていることも問題がある。

梅田さんはオープンソース及びオープンソース的世界の重要な法則「名前重要」に則り、「オープンソース的」とは違う言葉を生み出すべきだと思う。

僕自身はオープンソースの恩恵だけ受けていて何の貢献もしていない人間ではあるけど、オープンソースの世界そのものへ感謝はしているし、興味もある。

しかし、それとは別にオープンソース及びその周辺がおこした現象「オープンソース的(仮称)」や、その現象がプログラム以外でも起きるのか?既に起きているのか?に関しても興味があるので梅田さんには懲りずに「オープンソース的(仮称)」の紹介や予想などをどんどんして欲しいと思う。

本当にプログラム以外の「オープンソース的(仮称)」現象は世界中で発生しているのだろうか??どんな例があるのだろうか??とても興味深い。

今回の騒動で印象的だったのは、たとえ梅田さんでもネットでありがちな「負の感情のスパイラル」というのは起きるし、一度感情的になってしまえば普通の人と変わらなず傷ついたり、余計な事を書いて騒ぎを大きくしたりするものということだ。

ネガティブ発言怖い、、、。気をつけよう。

Comments

June 22, 2009 09:53 by shiro

あちこちで似た内容をコメントしているのですが、「インターネットを介してオープンソース及びその周辺が起こした現象」はあくまで結果として起きた現象であって、その現象だけを「オープンソース的」と呼んでしまうと、肝心の「そういう現象を起こすことを可能にした仕組み」から目を逸らされてしまうという弊害があるんじゃないかと思います。その仕組みとは端的にはOpen source definitionであり、その土台には「ノウアスフィアの開墾」で分析されているような力学があります。

そういった仕組みを無視して、単に「プロセスをオープンにすること」とか「ネットを介して誰でも参加できるようにすること」といった形式だけを取り出してプログラム開発以外に当てはめようとしても、うまくゆくとは限らないでしょう。特に土台が違う場合には。うまくいかなかった時、現象だけを見て「オープンソース的」と呼んでいた人は、「うまくいかないのは土壌が育ってないからだ」と環境のせいにしてしまうかもしれません。それはプログラムの世界の外に新しい現象を起こしたいと思っている人々にとっても困ったことではないでしょうか。

環境が違ってうまく動かなかったら、オープンソース的には環境を責めるのではなく、コードをハックして動かすようにします。他の分野でも、うまくいってないならその環境でうまくいくような仕組みを考えて作り出す姿勢こそが「オープンソース的」なんだよ、と私は宣伝したいです。