今日の雑記2009/06/06

  • 6月 06, 2009 23:34

マイコーりょう

あまりお笑い番組は見ないのだけど、偶然みかけた「マイコーりょう」は最高に面白かった。

ブログが無駄に英語なのと

http://ameblo.jp/mycoolgood/

プロフィールの

  • 「ここだけの話: ニセモノデス」
  • 「Sですか?Mですか? : M・J 」

にも笑った。

PSP Go もうちょっと感想

そりゃ、いつまでもパッケージが続くとは思わないけど、歩合家賃で売上の7%以上払っているのに原価95%で押し付けられてきた小売をなめすぎでしょう。

本体価格が割りと高いのは原価を下げる意図だろうけどソフトの売上は縮小するのが決定的だからPSP向けの売場は縮小するし、当然取り扱い量も減る。

これからはネットでという話だろうけど、今現在のネットと小売の取り扱い額の比率はどんなもんかね?

ネットが小売のマイナスをカバーできず売り先が細くなるとPS3の販売にも悪影響を及ぼすでしょう。

必ずしも上手くいっているとは言えないというより、PS2時代から大きく後退したソニーのゲーム部門が流通を敵に回すのはやはり自殺行為だなとしか思えない。

関東圏に住んでると理解できないかもしれないけど、まだまだ太い回線が普及していないところも多い。日本よりはるかにネット環境の悪い北米でPS3やXBOX360の大容量コンテンツがオンラインで流れているので心配ないのかもしれないが、、、

とは言え、そんな僕も最近はWiiWareとDSWareばかりやっている。ソフトの入れ替えないのは本当に快適。海賊天国の発展途上国のゲーム市場もオンラインで急成長を見せているし長い目でみればダウンロードに比重が移るのは当然。

任天堂の岩田社長が 株主・投資家向け情報:2009年3月期 決算説明会 質疑応答 で言ってるように

オンライン販売については、未来の極端な話として、たとえば「ゲームソフトはほとんどお店に行ってパッケージを買うということが20年後も続いているか」と聞かれたら、「うーん、たぶん変わるでしょうね」と私は申し上げますが、一方で「2~3年後にはもうお店にはゲームソフトは売っていませんよ」と言われると、「いや、それは間違いではないでしょうか。そんなに急には人の行動は変わらないんじゃないでしょうか」とも同時に思っています。

あたりで敵を作らず事業を進めるのが正解じゃないのかな。

Wiiの間の提供企業にAEONとセブンアンドアイがいるには政治的な話も当然あると思うよ。

梅田さんについて

日本に可能性を感じることができずに海外へ行った人が、ネットで日本が変わるかも?と期待したけど変わらなかったという話なのだろうか?

ネットは魔法の杖じゃないしね。。

日本は未だ出る杭は打たれる社会だから、いろいろマイナス面が大きいのじゃないかと想像する。

Web企業

Lingrが無くなることについて開発者のインタビューを見たが、コストの問題よりもユーザー数が獲得できなかったことが問題じゃないだろうか??

元サイボウズの人のインタビューも同じ感想。

そんなことは本人たちが一番わかっているだろうけど、、、、、。

無料文化は功罪ありだな、、、、。

昔、ジャンレノがはじめてリュックベッソンの映画を出たころを

「みんなガムとコーラで生きていた時代(でも、今は違う)」

みたいなことを言っていたけど、ネット企業もその時代が終わるのかもしれませんね。

僕は長い間Macユーザーだったからマイクロソフトは悪の帝国だったのだけど、オフィスを数万で売るありがたみがようやく分かってきたよ。

76世代、81世代はぱっと見、三木谷さんや堀江さんたちの世代と違いてガッついてなかったけど、

その下の世代はギラギラしてる人たちが出てくると面白いな。

はてブ有料化

申し込みしました。正直、なにがうれしいのかさっぱり理解してないのですが、お布施みたいなものです。

ジャパネットくらい分かりやすくメリットをストーリー仕立てで伝えてくれるといいのにな。。

少なくとも1年はお金払いますが抵抗もある、、。不思議だ。一ヶ月の金額なんて、ここ2日で飲んだミネラルウォーターの方が高いのにね。

ネットで金を払うのに一番抵抗がなかったのはFlickr。

1年か2年に1回まとめて払うのは毎月すこしづづ払うのに比べなぜか抵抗が少ない。

個人的な感情なんでしょうが、、、、