海街diary 3 陽のあたる坂道

  • April 12, 2010 22:32
  • Posted by uemura

楽しみにしていた吉田秋生さんの海街diaryシリーズの最新刊「海街diary 3 陽のあたる坂道 3 」がいつの間にか発売されていた。

吉田秋生さんは「BANANAFISH」や「YASHA」のようなハードボイルドなタイプと、「櫻の園」や「ラヴァーズ・キス」のような日常タイプ(但し、同性愛話多し)と大きく分けてふたつのタイプがあるのだけど、「海街diary」シリーズは後者のタイプになります。同性愛話がないので、初期の短編や「河より長くゆるやかに」に近いかもしれない。

僕は後者のタイプが好きなので、この海街diaryシリーズはかなり気に入ってます。

舞台がラヴァーズ・キスと同じ鎌倉で、ラヴァーズ・キスに出ていた登場人物も何人か登場したり、海街diaryの主要登場人物の家族だったりするのでラヴァーズ・キスが好きな人はより楽しめるかもしれません。

海街diaryは幼いころに父親が離婚して家を出て、母親も再婚のために家を離れたため、祖母の元で成長した3姉妹と、彼女たちが引き取った母親違いの末妹の4姉妹の家族の物語で、世界を揺るがすような大事件は起きないけど、離婚や恋愛、友人の病気、地元の人たちの生活など、生きていく上で決して小さくない出来事を通じて家族の絆を描いています。

今回は30歳の長姉の不倫の終わりと人生の転機、中学2年の末妹の初恋と成長。

吉田秋生さんの漫画は、買い物で男物の箸をじっと見つめる長姉の心情を察する末娘(長姉の不倫を知っている)や、1年前の出来事をあやまる小学生の義理の弟に「嫌いは好きより、ずっと早く伝わってしまうのかもしれない」と気づくなど心理描写が細やかで、ホロっときました。

  

中古マンションを購入してリフォームする日記13 投資としての不動産

  • February 26, 2010 05:04
  • Posted by uemura

今週の週刊モーニングを読んでいたら、「ドラゴン桜」の続編的作品で、ドラマ化もされている「エンジェルバンク」が不動産投資についての話でした。

「お金持ちになりたい」が夢の転職希望の不動産屋のサラリーマンが、主人公に

将来の投資になるから、

と、マンション購入を勧めるも、「もはや不動産は投資にはならない」と、看破される話。

なぜ投資にならないかと言うと、

  • バブルまで40年も値上がりし続けた不動産は確実な投資対象だったが、値下がりしている現在では株よりも危険な商品
  • 昔と違って今の日本は30年後など予測不可能
  • マイホーム神話は国が不動産産業を発展させようと後押しした結果だった
  • 手元資金の何倍もの商品を扱うのは株の信用取引をするのと同じようなもので危険

  

2010-02-10 22:00 NHK総合「歴史秘話ヒストリア」に古田織部が登場!

  • February 10, 2010 06:16
  • Posted by uemura

現在連載されている漫画で、個人的に一番面白い漫画「へうげもの」の主人公である古田織部がNHK総合「歴史秘話ヒストリア」に登場しました。

ちなみにこのエントリーをUPした日。2010年2月10日でした。

しかも「へうげもの」の作者である山田芳裕さんがコメンテーナーとして登場するようです。

NHK総合テレビ〈歴史秘話ヒストリア〉に「古田織部」が登場。
日本人のライフスタイルを決めちゃった男,ミクスチャーの元祖,クリエイティブ&プロダクティブの権化,
大河ドラマの主人公にしてほしい男第一位。
『へうげもの』はココロからそう思う次第。
放送予定は2010年2月10日(水)22:00〜43。
コメンテイターとして山田芳裕も出演します。
話のタネに,どうぞご覧ください。

  

ヤングアニマル2009No.19のベルセルク付録が素敵だった

  • September 30, 2009 22:01
  • Posted by uemura

ベルセルク生誕20周年記念ということで、現在(2009/09/30時点)の最新号の「ヤングアニマル」には「ベルセルク4大付録」ついていたので買ってきました。

360円なのに豪華で非常に良かったです。ベルセルクが好きな人は買った方がいいのではないでしょうか??

特に気に入ったカバーとポスターはうちの「弔い壁」(リビング・寝室・トイレなどの生活空間から見えない場所にあり、即捨てるには惜しいものや、リビングには飾れないけど気に入ったモノ、もらいモノをとりあえず飾っておける壁)に貼ってみました。

ベルセルクも今週から新シリーズ。グリフィスが古代ローマのような都市を作っていました。

ベルセルク34巻別バージョンカバー

http://static.flickr.com/2647/3969089296_8da7c89a97.jpg

ベルセルクの絵はどれもいいのですが、この絵も本当に巣晴らしい。

  

へうげもの9巻

  • July 29, 2009 22:33
  • Posted by uemura

毎回たのしみにしている「へうげもの」の最新刊が発売されました。

今回は利休切腹という物語の一つの区切りになるエピソードが中心。モーニング連載時も読んだのですが作者の山田芳裕氏渾身の一話。

死にゆく利休が織部に

「それがあなたなのです」

と、織部の本質を諭すためにいろいろなエピソードを織り込んできたのがわかる。

「へうげもの」の主人公はもちろん古田織部なのだけど、もう一人の主人公である豊臣秀吉の苦悩、老い、衰えの描き方も好きだ。

感動的な利休のエピソードの後はドリアンやヨンさまで笑わせてくれる。笑いのセンスもいい。

「織部好み」の完成、秀吉の死、関が原での上田左太郎と東軍西軍と別々の道へ、、、などが続く次巻からも楽しみだ。

  

僕の好きな少女漫画

  • March 10, 2009 23:39
  • Posted by uemura

一度、少女漫画について書こうと思っていたのですが、

男もすなる少女マンガといふもの - カイ士伝

が、あったので便乗。

ウチも男兄弟だけだったのになぜか少女漫画がゴロゴロしていた(兄の彼女がくれていたらしい)ので当たり前のように読んでいました。

毎月「LaLa」の最新刊があったのに、ある日突然来なくなってしまい連載漫画の続きが気になって自分で2年くらい買っていたこともあり。

少女漫画といえば「ほんわか恋愛もの」というイメージがあるかと思いますし、そういう漫画も多いですが、

僕のイメージでは

  

モーニングは凄いかもしれない

  • March 02, 2009 23:39
  • Posted by uemura

僕は子供のころからサンデーをずっと読んできたので小学館の漫画が好きでした。

小学館が好きな人は不思議と講談社の漫画を読まない人が多く、

僕も「金田一少年の事件簿」「GTO」「はじめの一歩」など、講談社のマガジンを代表する漫画はほとんど読んだことがありませんでした。不思議なものです。

ところが、最近は小学館の漫画がどんどん駄目になり小学館出身の漫画家が講談社に移って成功する例が目に付くようになりました。

最近、一番楽しみにしている「へうげもの」の山田芳裕さんも、昔はヤングサンデーで書いていたし、

「かってに改蔵」の久米田康治さんもマガジンに移って「さよなら絶望先生」を書いた途端に待望のアニメ化。

「ヒストリエ」の岩明均さんも「寄生獣」をヒットさせた後、小学館で「七夕の国」を書いたけど、結局、アフターヌーン(講談社)へ逆戻り。

「金色のガッシュ」の問題もあったし、なんだかなと言う感じ。

  

ヒストリエ5巻を買った&Wikipediaに初めて書き込んだ

  • March 01, 2009 23:03
  • Posted by uemura

さて、今日は「ヒストリエ5巻」の話。

「寄生獣」の岩明均さんが現在「月間アフタヌーン」で連載している漫画。

古代マケドニアのアレクサンダー大王の書記官であり、大王死後の後継者(ディアドコイ)戦争でも活躍するエウメネスを主人公にした物語。

5巻でようやくマケドニアにやってきた。とは言っても、今回は登場人物の紹介のみと言ったところです。

史実や伝説がいろいろあるなかで、どう物語を作っていくのかが作者の腕の見せ所だと思うのですが、まだ話は動かない現時点でもかなり期待できそうです。

思えば1巻の最初に「蛇」のブロンズを見つけるところから物語は始まったのだけど、何にかかっているのかと思ったらアレクサンドロス大王のようです(へびのアザが顔にある)。

大王の母親のオリンピュアスは蛇信仰で有名だし、彼女は後々エウメネスとの絡みも多そうなので、どのように物語をつくっていくのか楽しみです。

また、1巻のカルディア市の城外で出会ったマケドニアの若い軍の指揮者はペルディッカスということも判明。僕はクラテロスだと予想していたのですがが外れました。

  

へうげもの8巻と今週のモーニング

  • February 26, 2009 23:01
  • Posted by uemura

一昨年、モノ減らしの一環として持っていた漫画本を大量に処分しました。

主に漫画喫茶で読めるようなメジャータイトルを処分し、岡崎京子と松本大洋、昔の少女漫画(漫画喫茶の多くは少女漫画の品揃えが弱いため)は手元に残している。

そんな感じなので現在連載中の漫画は漫画喫茶で読めばいいと思っているのだけど、「へうげもの」と「ヒストリエ」だけは買い揃えている。この2作は完結するまで買い続けるし完結してもずっと保持していたい。

それだけ魅力のある作品です。

そんな2作品の新刊が相次いで発売されました。

まずは「へうげもの」。

戦国時代の茶人であり戦国大名である古田織部を主人公とした物語は8巻においては師匠である千利休自刃、そして織部が自身のアイデンティティ確立という物語の一つの大きなクライマックスへ向けて突き進んでいる。

伊達祭りで身体を張って織部が欲したのは利休のわびではなく「一笑」。

  

「モリのアサガオ」と死刑

  • April 22, 2008 22:41
  • Posted by uemura

先日、例の光市母子殺害事件の高裁での判決が出て、大方の予想通り死刑が言い渡されました。

死刑は当然という意見と、死刑廃止派の意見といろいろありますが、当然という意見が大半のような気がします。

死刑に関しては漠然と絞首刑になるということくらいしか知らなかったのですが、最近、郷田 マモラさんの「モリのアサガオ」という刑務官と死刑囚を描いた漫画を読んだので少しでしょうがいろいろ知ることができました。

  • 死刑が確定してから執行されるまで平均7年くらいかかる
  • 死刑確定囚は刑を執行されて初めて刑罰を受けることになるので、労役を課せられる懲役囚とは違い執行されるまでは比較的自由であること(頭髪は自由、服も自分の好きなものを着れる、お金があればある程度自由に食べ物を買い求めることができる、雑誌や本などをある程度自由に読める)
  • 死刑執行日は事前に本人には伝えらず、当日の朝、突然言い渡されて執行される。
  • 死刑執行は確定順に順番に執行されるのではなく、ランダムに執行される。

僕は漫画が好きなので、いろいろな漫画を読んできましたが、この「モリのアサガオ」は傑作中の傑作に値するのではないかと思います。