旬菜焼 はざま

  • July 30, 2008 09:13
  • Posted by uemura

今回の金沢旅行は事前に行く場所をある程度決めて行ったのですが、今回の「旬菜焼 はざま」は現地のタクシーで評判をきいて行った店です。

金沢21世紀美術館から徒歩10分程度の距離にあるので、訪れたついでに行くといいかもしれません。

今回は昼に行ったのでランチだったのですが、僕ら以外の客はみんな金沢の地元の人々でした。それでいて満席状態がずっと続いていたので愛されている店なんだと思います。

ランチは魚と肉の定食がそれぞれと、海鮮丼などがあり、僕らは魚と肉の定食を頼みました。

http://static.flickr.com/3269/2677695343_a1f2ff5660.jpg http://static.flickr.com/3273/2677695771_1bfeb80f5d.jpg

魚は「あじ」で肉は「タンドリーチキン」だったのですが、めちゃくちゃ美味しかったです!!

  

金沢市の集中豪雨被害

  • July 30, 2008 06:23
  • Posted by uemura

このところ連発でエントリーを書いている金沢市ですが、7/28の集中豪雨により浅野川がはんらんしたようです。

金沢市のみならず全域での死者はなかったようですが、2000棟以上の床上・床下浸水などの被害が出ています。

また、金沢市を流れるもう一つの川「犀川」の上流でも崖崩れがあり、江戸時代初期に作られ現在でも金沢市の生活を支えている 辰巳用水 の水が止まってしまっているそうです。

今回の集中豪雨で旅行を見合わせる人も多いと思いますが、ニュースを見る限り復旧は早そうです。

被害にあった観光地と旅館は一部で、すべての観光地が被害にあったわけではないので様子を見て旅行をどうするか決めてもいいかと思います。

「また集中豪雨があったら、、、」と、思うのはいたしかたないところだと思うので強く勧めるわけにはいきませんが、、、、

  

鮨 みつ川

  • July 25, 2008 08:14
  • Posted by uemura

金沢ではオーナー&料理人の小気味のよい店へ多く訪れてどの店もアタリだったのですが、金沢の歓楽街「片町」から犀川の方へ外れたところにある鮨「みつ川」も満足度の高い店でした。

カウンター7席ほどの小さな店なのですがその分、客の動向を主人がしっかり見てるので気配りが行き届いていると思いました。

まだ30代前半の主人は銀座久兵衛で修行されていたとのこともあって、何もつけずにいただける江戸前寿司でした。

写真を撮っていいか聞いたところ

「一枚だけなら」

と、言うことだったので「こはだ」を撮影しました。

http://static.flickr.com/3089/2677717081_dea01b7ee5.jpg

素材がよければマグロのような鮨はそれなりに美味しいのですが、「こはだ」のようにちょっと手の入る寿司はちゃんとしたところじゃないと美味しくないもの。

  

120坪の巨大な骨董屋「金沢古民芸会館」

  • July 23, 2008 19:36
  • Posted by uemura

金沢旅行に行ったときに食べ物屋以外の店で1店しか行けないとしたらどこがいいだろうか?

僕なら`金沢古民芸会館`_ に行きます。

骨董屋といえば小さな店舗で高価な陶器や磁器を少しだけ取り扱っているイメージがありますが、この金沢古民芸会館は120坪もある巨大な店舗に所狭しと大量の骨董品が並べられています。

動画を撮ってきましたので、巨大な店内をご覧下さい。

  

金沢の3つの茶屋街

  • July 23, 2008 08:57
  • Posted by uemura

金沢には藩政時代の趣を残す「ひがし茶屋街」「にし茶屋街」「主計町茶屋街」の3つの茶屋街があります。

前回、よるの「ひがし茶屋街」について書いたので

ueBLOG | 夜のひがし茶屋街とRyomon利右エ門(ビストロ)

今回は、昼の茶屋街について紹介してみたいと思います。

ひがし茶屋街

重要なポイントはただ一つ。

  

夜のひがし茶屋街とRyomon利右エ門(ビストロ)

  • July 23, 2008 04:05
  • Posted by uemura

2日目の夜は「ひがし茶屋街」にあるRyomonというビストロに行くことにしました。

金沢には歴史情緒を感じさせる「ひがし茶屋街」「主計町茶屋街」「にし茶屋街」の3つの茶屋街がある。そのなかで最も人気なのが「ひがし茶屋街」だ。

女性に人気の抹茶や和菓子をいただける和カフェや小物店、文化財も多いのですが、そのほとんどは18時には閉まってしまう。

昼の風景もいいが夜の茶屋街もなかなかおもむきがあるので、散歩しながらご飯を食べにいくのはなかなかいいプランだと思いました。

宿泊先の「白鳥路ホテル」からは、途中に浅野川大橋があるのですが、そこからの風景も風情ああります。

http://static.flickr.com/3191/2678916400_2851029561.jpg

そして夜の「ひがし茶屋街」へ

http://static.flickr.com/3233/2678926678_747652902a.jpg

  

能登半島-千里浜なぎさドライブウェイで砂浜ドライブ

  • July 22, 2008 22:00
  • Posted by uemura

4日目の昼から金沢から能登半島の温泉地「和倉」へレンタカーで移動しました。

電車もあるのですが、能登半島は海のすぐ近くを走る道が多いのでドライブが気持ち良さそうということでレンタカーでの移動にしました。

しかも、途中の「千里浜なぎさドライブウェイ」は世界でも珍しく日本では唯一の砂浜が公道になっている道路です。

砂浜を走れる距離は8kmもあり、非常に楽しかった。

動画を撮ってきたのでまずは観て下さい!!

  

杉の井(料亭)

  • July 22, 2008 05:22
  • Posted by uemura

料亭というのは何故だか分からないけど高くてなかなか手が出せないものです。

僕らもいくら新婚旅行とはいえ一度の食事に一人数万円かけるのはできませんでした。

しかしながら、行く場所を決めるときに参考にした「乙女の金沢」という本で、新竪町のアンティークショップ「フェルメール」の店主である塩井さんが

杉の井の「女性コース」 金沢の贅を尽くした雰囲気を堪能するなら、お庭を観ながら加賀料理のコースに美味なくずきりが付いてくる、これがおすすめ。上質の静けさが味わえます。3675円。

と、紹介されていたので二日目の昼に行くことにしました。

まず出てきたのがコーン豆腐と食前酒の梅酒。

コーン豆腐というものは初めて食べましたがさっぱりしていて美味しかったです。

  

ラシェット(フレンチ)

  • July 21, 2008 20:12
  • Posted by uemura

今回は初日の夜に行ったフランス料理の店の話。

関東から金沢へ旅行で行ってフランス料理を食べる意味は?と、いうところですが、

十分にあります。

確かに金沢は魚介類が新鮮で、新鮮な食材さえあればどんな食べ方をしてもある程度美味しい。

しかし、金沢は他の日本海の都市より店を経営しているオーナー兼料理人が多く彼らが切磋琢磨している状態です。

金沢は45万人くらいの中規模の都市なのですが、きちんとした食文化があるので

腕の確かな料理人が自分の店を切り盛りすることが成り立つのです。

  

金沢21世紀美術館でRon Mueck展を見てきました

  • July 21, 2008 08:12
  • Posted by uemura

今回は金沢21世紀美術館の話。

どんな展示会をやってるかな?と思っていたら、なんとリアルな彫刻で有名なRon Mueck展をやってました。

http://static.flickr.com/3230/2673290534_ed7fcc8ca3.jpg

なんでも東京での展示会はまだやっていなく、日本では金沢が初の展示会とのこと

(青森(十和田)の美術館は1点購入して展示してあります)

ブログ検索してみると、Ron Mueckを見るために東京から金沢に行った人は多いようです。

7点の彫刻が展示されていたのですが素晴らしかったです。

当然、撮影禁止なので写真で紹介できませんが、