iPadとリビングネットワーク機器

  • January 31, 2010 23:43
  • Posted by uemura

さて、Appleから噂だったタッチパネルデバイス 「iPad」の発表がありました。

タッチパネルのノートPCというよりは、大きなiPhoneというタイプの商品です。

僕は以前、

  • 複数の家族が同時に楽しめる
  • 幅広い年齢層の人々が扱える
  • (本体価格が)購入またはレンタルする価格が安い

という条件を持ったリビングネットワーク機器(造語)というものとして

新しいタイプのリビングネットワーク機器が登場しそうである。たとえば現時点では噂でしかないがAppleのタッチパネルネットブック。

と、言ったことがある。

  

リビングネットワーク機器

  • September 05, 2009 10:01
  • Posted by uemura

僕はiPhoneやandroid携帯を使わずに、ずっと日本のケータイを使おうと思っています。お財布ケータイやらなんやら日本のケータイの方が便利というところはもちろんありますが、それ以上に日本のケータイが日本人がネット活用向上に果たした貢献度や意味合いが大きいと感じているからです。

電子メールの普及にケータイ電話が果たした役割というのは言うまでもないけどとても大きい。うちの両親や知り合いの両親たちの多くはPCの電子メールは使わないけどケータイの電子メールは使っている。使えるというレベルではなく生活に浸透している。そういった普段PCを使わない層まで電子メールを広めた日本のケータイ電話の努力や技術はもっと評価されていいのではないかと思う。

iPhoneやandroid携帯が仮にケータイ電話の電子メール普及時にぶつかったとしても、月ごとの支払いが安く分かりやすいケータイ電話が圧勝していたのではないかと思う。

もっとも、今のケータイ電話は複雑になりすぎているし、ヴァージョン差によって動かないアプリがあったり、半年ごとに新しい商品を出すのがつらそうとか、といろいろ解決するには大きすぎる問題があるので今後も必ず安泰というわけではない。

しかし、幅広い年齢層の人々の生活に深く浸透していることはもっと評価されるべきだと思う。また、課金システムがあるケータイがなかったら日本のネットビジネスはもっと悲惨だっただろう。

そんなわけで幅広い年齢層から支持されている個人が一人で使う携帯型のネットワークデバイスというのはケータイなりiPhone・android携帯やその他もろもろが今後も激しく争うと思われるのだが、昔から「今後普及するだろう」と言われているが全く普及もしてなければ、将来の予測も付かないネットワーク機器もある。「リビングネットワーク機器」だ。

リビングネットワーク機器というのは僕が適当につけた名前で、昔からセットトップボックスやら、リビング用ネット端末やらいろいろな名称があるし、これまでもいろいろな商品が投入されてきた。たとえば「Wii」 「PS3」「XBOX360」などの今世代のゲーム機などそうだ。「リビングルームの情報端末の地位をソニーに奪われないためにXBOXシリーズは投入された」と、うわさされたこともある。他にもAppleのAppleTVだとかネットを閲覧できるテレビだとかいろいろある。しかし現時点では決定的なモノは登場していない。

これまでのリビングネットワーク機器はテレビそのものか、何かの機器がテレビをモニター代わりにするモノが多かったのだけど、ここに来て新しいタイプのリビングネットワーク機器が登場しそうである。たとえば現時点では噂でしかないがAppleのタッチパネルネットブック。そして先日発表された東芝の7型タブレット JournEなどだ。

  

「東京ナイロンガールズ」のご紹介

  • August 11, 2009 23:15
  • Posted by uemura

http://www.ueblog.org/media/img/ad_300_300_tngopen.jpg

いつもお世話になっているYa-koさん、yukiちゃんが参加しているブログ形式のウェブマガジン 「 東京ナイロンガールズ - TOKYO NYLON GIRLS 」が創刊されました。

six apartが技術協力・支援をしているようで、サイトの構築にMovable Type4が使用されています。

ブログプログラムとしては最近Word Pressに押されている感はあるけどMovable Typeは複数メンバーのブログを中心としたCMS的な作りが得意とのこと。他のMovable Typeを使って複数メンバーによるサイトを作っている人からも得意とは聞いていたけど確かに良い出来です。

CMSプログラムは僕もいろいろ触ってみてはいるのですがGoogle Site以外でこれといってよいものがない気がしてました。「ほぼ日」のようなサイトを作るにはMovable Typeは良いのかもしれませんね。

内容の方も充実していて、

Docutils System Messages

System Message: ERROR/3 (<string>, line 20); backlink

Unknown target name: "the making of tng 東京ナイロンガールズができるまで | 特集 | 東京ナイロンガールズ".

  

「オープンソース的」という言葉は変えたほうがいいと思う

  • June 20, 2009 09:00
  • Posted by uemura

インターネットを介してオープンソース及びその周辺が起こした現象に注目し、その現象を「オープンソース的」という言葉で表現し、プログラムの世界以外でも起こるのではないか?(起きている?)ということに注目する梅田さんに対し、オープンソースの世界に生き、オープンソースをより発展させたいと思う人々は梅田さんの語る「オープンソース的」という言葉でオープンソースが誤解されてしまうのではないかと疑念を持っている感じだろうか?または梅田さんのような有名人が「オープンソース」について一般の人に説明してくれると期待していたら、別なことを言われてたのでがっかりという感じかもしれない。

それぞれ言い分はわかるし、どちらが間違っているという話ではない。

「オープンソース的」という言葉に対して、「オープンソースが誤解される」という意見はわかるが、オープンソースとは別物の「オープンソース的」という言葉に対して、「それはオープンソースではない」という意見は「それは違うだろう」と思う。しかし、多くの人が誤解していることには問題がある。

また、オープンソース及びその周辺の起こした現象をオープンソースやインターネットに詳しくない「あちら側」だったか「こちら側」だったかに説明しようとしたとき「オープンソース的」という言葉になるのは個人的には違和感がないが、決して少なくないオープンソースの世界の人々が「オープンソース的」という言葉に嫌悪感を持っていることも問題がある。

梅田さんはオープンソース及びオープンソース的世界の重要な法則「名前重要」に則り、「オープンソース的」とは違う言葉を生み出すべきだと思う。

僕自身はオープンソースの恩恵だけ受けていて何の貢献もしていない人間ではあるけど、オープンソースの世界そのものへ感謝はしているし、興味もある。

しかし、それとは別にオープンソース及びその周辺がおこした現象「オープンソース的(仮称)」や、その現象がプログラム以外でも起きるのか?既に起きているのか?に関しても興味があるので梅田さんには懲りずに「オープンソース的(仮称)」の紹介や予想などをどんどんして欲しいと思う。

本当にプログラム以外の「オープンソース的(仮称)」現象は世界中で発生しているのだろうか??どんな例があるのだろうか??とても興味深い。

  

YouTubeアスペクト比を16:9に

  • November 27, 2008 08:00
  • Posted by uemura

もうご存知の人も多いかと思いますが、YouTubeのアスペクト比が16:9に変更になりました。

YouTubeは高画質対応も進んでいるので

近いうちに高画質な動画が当たり前のようにネットで見れるかもしれません。

(他に高画質な動画サービスがあるようですが、それほど一般的になっていないし、なるものとも感じていません)

Life is beautifulの中島さんが Life is beautiful: アップルにして欲しい次の革命 にて

日本でも本格的な「地上波デジタル」へのシフトが始まっているが、これが大変な税金の無駄遣いだということをおおっぴらに指摘する人は少ない。光ファイバーがここまで普及した今、電波で映像を送るのは離島などの僻地だけにしておき、人口密集地域には光ファイバーで送るほうがはるかに経済的でサービスとしても良いものが提供できることは明白である。そんな時代に、莫大な税金を費やして日本中の中継アンテナを立て替えるほど馬鹿らしい話はない。

とおっしゃっていて、

  

「はてなブックマーク」リニューアルおめでとう

  • November 25, 2008 22:17
  • Posted by uemura

はてなスターがどうも生理的に嫌いで、

一時期はてなのサービスを使うのを止めていたのですが、

ちょっと前から戻ってきてました。

はてなブックマークをリニューアルするということ、

ブックマークされているブログのエントリー、その他もろもろ

から全文検索できるというのが、興味を持ったポイントです。

はてながブックマークされたものの全文をデータベースに入れているらしい

というのは前から話があったので気にしていたのですが、

  

キャズムを超えろ!ネット家電会議『ネット対応テレビとCGM動画が紡ぐ未来とは』

  • May 17, 2008 09:03
  • Posted by uemura

キャズムを超えろ!http://d.hatena.ne.jp/wa-ren/の和蓮和尚さんの主催するネット家電会議『ネット対応テレビとCGM動画が紡ぐ未来とは』へ行ってきました。

ゲストにGoogleと提携しYouTubeやPicasa対応の「VIERA CAST」を搭載した「VIErA」を発表した(北米市場のみ)Panasonicから池田さんと、ニコニコ動画の広告を手掛けるドワンゴの岡村さんで非常に楽しい話を聞くことができました。

http://farm3.static.flickr.com/2398/2497679819_140bc0e778.jpg?v=0

VIERA編

北米市場において発売されるYouTubeの動画や、PicasaのWebアルバムを見ることができるインターネット対応プラズマテレビVIERA CASTのInternational CESの発表を元に紹介をしてただきました。

参考

  

テレビとインターネット

  • February 26, 2008 08:27
  • Posted by uemura

さて、下手なJavaScriptで Random Tumblr というものを実験的に作ったのですが、一つだけどうしても試しておきたいことがありました。それは

自動であること

ということです。

一定時間おきに情報をとりに行くのはサーバー側からすれば負担だし、お行儀のよいものではないことは分っているのですが、インターネットを使う環境がPCだけではなく、他のデバイスにも移るときには避けられないもののように感じます。

高画質の液晶テレビやプラズマテレビが登場してから、例えばMac miniをテレビに繋いでメールを見たりすることは以前からありましたが、僕にとってはWiiの登場が

「テレビでインターネットを使う」

ということの意味を考えるきっかけになりました。

  

はてな雑感

  • February 16, 2008 07:29
  • Posted by uemura

なんでも「はてな」が京都へ戻ってしまうらしい。

なんでもモノ作りの環境において東京は五月蝿すぎたらしい。それもわかる気がする。僕ですら「はてな」のオフィスにお邪魔したかったくらいだ。 そう思って遊びにいった人は多かったのだろうし、そのなかの一部は「はてな」の人の創作意欲を刺激したかもしれないけど、大半は邪魔なだけだっただろう。

以前、BLOGHACKSを共著したnaoyaさんがniftyから「はてな」へ、miyagawaさんがライブドアからsixapartへ移ったときはポジティブな空気を感じたけど、最近のIT業界の転職話をブログで見かけるたびに

「食えてないのかな?」

と余計なお世話な感想を持ってしまっていたが「はてな」も増収増益だったらしいし、オフィス移転の話は何度も話し合われていたのだろうから単純に東京にいる必要のある人が(家族持ちの人など)離脱せざるを得ない感じだったのだろう。

最近「はてな」の新サービスには全く触る気がしなかったのだけど、仕切り直しをして新サービスに打ち込むというのならもう一回「はてな」に目を向けてみてもいいかと思いました。

最近のはてなは

  • 社長の近藤さんがアメリカで、そっち向けのサービスをするかと思ったら国内向けの自社競合するサービスを展開。意味不明。

  

別に社会は悪くないだろう

  • February 04, 2008 08:04
  • Posted by uemura

PHP disから始まったRubyの松本さんの主張がなんだか分らないものになってきた。

Matzにっき(2008-02-04)

資格も何も必要なく、さまざまな才能が混沌としているからWebは発展してきたと思うのだけどね。

仮にホームページ一つ作るにも「一級Web製作士」みたいな肩書きの人に今の価格の20倍か30倍の金額で依頼しないと作れなかったとしたらWebは面白くともなんともなかったのではないかと思う。

もっとも僕は職業プログラマではないので