7話の感想です。いつも明るく前向きな信一でしたが、佳織の勉強が進まずにイライラし、自分をコントロール出来なくなってしまっている姿には信一自身もプレッシャーを感じ、佳織も父親のそんな姿にはプレッシャーを感じてしまっているなと思いました。

 

親は親で子どもの将来がかかっているから真剣になるのは分かるけど、やはりプレッシャーがすごくて佳織が気の毒に感じました。

 

ついには信一のイライラが頂点に達し家を出てしまい、それを追いかける佳織、佳織を探す香夏子、神社に行った信一が佳織の絵馬を見つけ佳織の思いを知るシーンは良かったです。

 

家族で神社で抱き合うシーンはやっぱりこの家族はこうでなくちゃと思いました。

 

香夏子は定期的に信一の実家に行って、一夫とよく話していますが、とても素敵なお嫁さんだなと思います

 

au公式/ビデオパス‎ 初回30日間無料